個人再生にかかる平均費用【知っていると役に立つ個人再生の知識】

個人再生にかかる平均費用【知っていると役に立つ個人再生の知識】

個人再生にかかる平均費用【知っていると役に立つ個人再生の知識】

個人再生とは、負債総額が五千万円以下の個人(個人事業者も含みます)が借金返済を一時的にストップして生活の再建を図りながら債務を計画的に弁済していくことをいいます。個人再生においては債務者は破産と違って権利の制限が掛かる事は無いそうで、継続的ないし反復的に収入を得る事ができれば適用可能となっています。申し立てについては、地方裁判所で行うことになります。
 費用についてですが、基本的には、印紙代が一万円位となります。また、官報に掲載するための費用は二万円以下となっています。また、郵便切手に関する費用としては二千円位となっています。これらは、個人再生を自分で行う場合の平均的なコストとなります。平均的な場合であれば、個々の自由業者のホームページ上で詳しく紹介されていますので、これは必見でしょう。あくまでも平均となっていますが、大変参考となるので個人で再生をしたいという人であればメモを取ったりしているので、見逃しは厳禁となります。
 再生手続きですが、個人再生委員を選任する必要が出てくるそうです。ただ、これは必須ということではなくて、手続きの迅速化を図りたいのであれば選任は必要となるでしょうし、東京地方裁判所であれば必須となるので掛かるコストは二十万円位となります。
 個人に関する再生ですが、専門家に依頼すると報酬を納付することになります。司法書士と弁護士では、その額に違いが在ります。
 司法書士であれば比較的安く済むとされています。弁護士であれば高額となりますが、それでもサポートしてくれるので心強いそうですが、司法書士であればより安く済むので人気は非常に高いです。